乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

腸内環境のチェック方法

画像

乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖などの善玉菌を増やすことで期待される最大の効果は便秘解消。
また、腸内環境を整えることで得られる健康や美容への働き全般。

実際にそういう目的でサプリを飲み始める人が多いと思います。

では、あなたは自分の腸内環境をどのくらい把握していますか?
ここでは、基本に立ち返り、自分で腸内環境をチェックする方法をお教えします。

色から判断しましょう!

画像

腸内には善玉菌・悪玉菌を含めて数百種類もの細菌が住んでいます。 そして、お互いにバランスを取り合っているのです。
善玉菌は悪玉菌が苦手としている弱酸性の腸内環境を作り出すことで私たちの身体を正常に機能させます。

そして、悪玉菌が腸内で優勢になっている場合と善玉菌が優勢になっている場合では「便の色」に変化が出ます。
健康的な弱酸性に腸内が整っている場合は便の色は黄色に近くなります。

それに対して、肉類が多い食事を摂っている場合は黒に近く褐色っぽい色合いになってきます。 実は、便の色は自分の腸内環境を確認できる信頼度の高いバロメーターなのです。

自分で自分の便を見るのはちょっとキモチワルイ・・・
と思う人も当然いらっしゃるかもしれませんが、腸内環境をチェックする為には是非やって頂きたい項目です。
健康・美容の為にも習慣にしていきたいところです。

匂いから判断しよう!

腸の機能が停滞してしまうと、便が腸の中に長期間にわたって留まる事になります。
そうなると、悪玉菌の働きによってどんどん便の腐敗が進みます。
結果的に便は悪臭を放つようになります。
つまり、「便やおならが臭い」のは悪玉菌が優勢になり、腸内環境が悪化しているというサインと判断することができるのです。

逆に善玉菌が腸内で優勢になっている場合は便は悪臭を放ちません。
どちらかというと発酵したような匂いになります。
赤ちゃんの頃は腸内が善玉菌で満たされているのですが、「赤ちゃんのウンチは甘酸っぱい匂い」なんて言いますよね。
こういった部分でも自分の腸内環境を把握することは可能なのです。

腸内環境を良くするには・・・?How to…

腸内環境を改善していく為に必要不可欠なのが悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすということ。

悪玉菌を減らす方法

悪玉菌を減らすには生活習慣を整えるのが一番です。
睡眠不足や運動不足を解消していくことから始めましょう。
また、食事は塩分を控えめにして、野菜をたっぷりと盛り込んだメニューにするのがおすすめ。 ストレス解消の方法も用意しておくと良いでしょう。

タバコやアルコールは悪玉菌が増えやすくなる大きな原因の一つです。
特にタバコは百害あって一利なし!!
健康や美容にも非常に悪影響なので、できればすぐにでも避けたいところです。
自分が吸っていなくても、周囲に吸っている人がいる場合も同様です。

善玉菌を増やす方法

善玉菌を増やすには口から善玉菌を摂取するのが一番効率が良いでしょう。
この際に忘れてはいけないのが口から摂取する場合は「継続」することが大事だということです。 続けることが前提ということを忘れないようにしましょう。

口から摂取すると言っても食品からでは限界があります。
十分な量を摂取するのは難しいでしょう。
やはり、一番続けやすく十分な量を摂ることができるツールは「サプリメント」です。
上手に使って腸の善玉菌を増やしましょう。

この二つの角度からの取り組みを続けながら、先述した腸内環境のチェックを続けましょう。
最低でも数か月くらい続けていけば、変化が目に見えて現われてくるはずです。
毎日のちょっとした変化をメモしていくのも良いかもしれません。

画像

カレンダーを活用するはかなりおすすめです。

サプリメントの飲み忘れも少なくなります。

また、他のサプリを使う場合でも、カレンダーに一言メモを記入していくと続けやすいかも知れません。