乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

乳酸菌の誤った情報

健康や美容のためにいろいろなサプリメントや健康食品を摂取している方も多いと思います。
健康や美容のことを考えるなら、まず腸内環境を整えることが大切です。
健康雑誌やテレビコマーシャルなどでも腸内環境を改善する!といった内容の言葉を耳にすることも多いと思いますが、実際、腸内の環境は、私達の健康な身体作りと密接な関係があります。

この腸内環境を悪化させる原因は、腸内に存在している悪玉菌が増殖するからで、便秘や下痢、免疫力が低下してさまざまな病気にかかりやすくなったりと、身体に悪影響を及ぼします。
善玉菌と悪玉菌が腸内には存在していて、悪玉菌は肉や脂質などが多い偏った食事やストレス、加齢などにより増加します。
そこで善玉菌をしっかりと増やす必要が出てくるのです。

善玉菌を増やす働きのある乳酸菌を摂取することで、悪玉菌の増殖を抑えることが可能になります。
ヨーグルトやお味噌、納豆などの発酵食品に乳酸菌がたくさん含まれているのはよく知られていますが、乳酸菌には誤った情報が流れているようです。
生きたまま腸まで届く!というフレーズを目にしたことはないでしょうか。

これは乳酸菌が熱や酸に弱いからで、生きたままでないと乳酸菌の効果が得られないということからこのフレーズが出てきました。
乳酸菌を含む食品をいくら摂取しても、加熱したものであったり、加熱していないものであっても、胃酸で死滅した乳酸菌であれば、効果が得られないと考えられていました。
しかし実際には、死滅した乳酸菌であっても生きた乳酸菌と同様の働きがあることが分かってきました。

生きたままの乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やす働きがあり、コレステロール値の抑制、免疫力向上などに役立ちます。
一方腸内に死滅菌が入ることで、身体は外敵が来たとみなし、腸壁を刺激して白血球を増殖させます。
この作用は、腸内の免疫力向上に役立ち、悪玉菌の増殖を抑制することにもなります。
ですから、結果的には乳酸菌が生きていても、死滅していても、悪玉菌の増殖を抑制出来るという点では同じというわけなのです。