乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

乳酸菌が増えすぎても良いの!?

私達人間の腸内には、100種類以上、100兆個もの腸内細菌が存在しています。
この細菌は善玉菌と呼ばれる身体に良い作用のある細菌と悪玉菌と呼ばれる身体に悪い作用のある細菌がいます。
私達人間の健康を大きく左右するこれらの腸内細菌は、善玉菌が常に優勢であることで、健康が維持できるのです。

腸の中では、この善玉菌と悪玉菌が勢力争いを常にしていて、悪玉菌の方が強いのです。
身体に悪影響を及ぼす悪玉菌は、そのままでも勝手に増加していくという特徴があり、身体を守ってくれる善玉菌は悪玉菌に圧倒されて負けてしまいます。
ですから、乳酸菌は多く摂れば摂るほど良いのです。

乳酸菌を取り過ぎて困る、ということはないのです。
乳酸菌が多く含まれている食品を積極的に毎日摂取することで、腸内の善玉菌を助けることができて、身体の健康も保てるのです。
乳酸菌を多く含んでいる食品は、漬物やキムチ、お味噌や醤油、塩麹や酒粕、納豆、お米のとぎ汁、甘酒、ヨーグルト、チーズ、ヤクルト、などです。

このように圧倒的に発酵食品に乳酸菌が多く入っており、昔ながらの和食を食べて入れば乳酸菌も多く摂取することができるのです。
また、おやつ代わりに、食後のデザートにヨーグルトやチーズを食べることも効果的です。
これらの食品を多く摂取しても、残念ながら腸内まで届かずに死滅してしまう乳酸菌がほとんどです。

乳酸菌を大量に摂取しても、副作用などの心配は一切ないので安心して下さいね。
しかし乳酸菌を多く含む食品には、それ以外の糖分や脂肪が含まれていますので、それらの成分を過剰に摂取することで問題になることもあります。
乳酸菌を効果的に摂取するタイミングとしては、食後です。

乳酸菌は酸に弱いために、腸に届く前に胃酸に負けてしまことが多いのですが、食後は胃酸が薄まるので、腸まで乳酸菌が届きやすくなるのです。
またオリゴ糖と一緒に摂取するのもおススメです。
オリゴ糖は乳酸菌のエサになるからです。
バナナにはオリゴ糖が多いので、ヨーグルトとバナナを混ぜたものを食後のデザートにするのは理想的な食べ方ですね。