乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

生きた乳酸菌とは・・

私達人間の健康維持に欠かせない乳酸菌は腸内で働く細菌の一種です。
数多く存在する細菌は、人間にとって良い働きをするものをプロバイオティクスと良い、さまざまな広告などのキャッチフレーズなどにも用いられていますね。
一口に乳酸菌といっても実にさまざまな種類の乳酸菌が存在しています。

一番馴染み深いのがビフィズス菌ではないでしょうか。
それ以外にも乳酸菌は100種類以上もあり腸内でしっかりと働いてくれています。
少しずつ効果などが異なるものの、腸内の善玉菌を増加させたり、免疫力を向上させる、血圧を下げてくれる、といった主な働きに違いはほとんど見られません。

この乳酸菌は生きたまま腸まで届けることが必要である、と聞いたことはないでしょうか。
乳酸菌は、ヨーグルトやチーズ、漬物や納豆、お味噌などの発酵食品にたくさん含まれています。
微生物であるこれらの食物に含まれた乳酸菌は、胃酸や熱に弱いという特徴があります。

調理や加工の際に加熱したり、胃の中の胃酸によって死滅してしまうのです。
乳酸菌の中にも酸や熱に強いものもありますが、ほとんどはこの胃酸などによって、死滅してしまうと言われています。
これまで生きた乳酸菌でないと意味が無いと言われてきた乳酸菌ですが、最近では、死んだ乳酸菌でも健康効果は変わらないと言われています。

そもそも乳酸菌を食べ物から摂取しても、その乳酸菌がそのまま腸内に住み着いて増加していくわけではありません。
乳酸菌の役割は、腸内の善玉菌を助けて増殖させることす。
生きた乳酸菌でも死滅した乳酸菌でもこの効果に違いがないことが、実験などでも分かっています。

むしろ乳酸菌が生きた状態でないといけないのは、人間の身体のためにではなくて、ヨーグルトやチーズさまざまな発酵食品を作るのです。
漬物やお味噌、納豆などに含まれている乳酸菌を植物性乳酸菌と言い、ヨーグルトやチーズなどに含まれている乳酸菌を動物性乳酸菌と言い、植物性乳酸菌の方が酸や熱に強いとされています。
しかし栄養素には違いがあるものの、乳酸菌の腸内での働きに違いはないようです。