乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

ガンを予防出来る乳酸菌

ガンで亡くなる日本人は、なんと3人に1人と言われています。
ガンにかかる原因として挙げられるのは、免疫力の低下です。
免疫力が低下している人だとガンにかかりやすくなるのです。

免疫力が強ければがん細胞を自らの働きによって排除することが可能になります。
しかし免疫力が低下している人は、ガン細胞を始めとする有害な細胞を認識することができず、どんどんとがん細胞が大きくなっていきます。
ガンを予防するには、免疫力を上げることがとても大切なのです。

乳酸菌には、免疫力を上げる働きがあることで知られています。
乳酸菌は腸内に存在している善玉菌ですが、この乳酸菌が免疫力を上げてくれ、ガンなどのさまざまな病気から守ってくれるのです。
腸内には非常に多くの腸内細菌が存在していて、悪玉菌と善玉菌がいます。

タンパク質や脂質の多い欧米型の食生活は、悪玉菌を増やしてしまいます。
悪玉菌が優勢になった腸内は、アルカリ性になり、腸内のアミノ酸やタンパク質を腐敗させてしまいます。
免疫力も低下するので、有害なウイルスから守れなくなります。

その結果、大腸ガンなどにかかりやすくなります。
乳酸菌を毎日たくさん摂取することが、ガン予防にもつながるのです。
乳酸菌を多く摂って、免疫力を上げることで、ガンだけでなく、さまざまな病気にもかかりにくくなります。

ガン予防のために、健康な身体を維持するためには腸までしっかりと乳酸菌を届けることが必要です。
乳酸菌などの善玉菌は、悪玉菌よりも弱いので、積極的に摂るくらいでちょうど良いのです。
発酵食品に多く含まれている乳酸菌は、お味噌や漬物などの植物性のもののほうが、生きたまま腸まで届きやすいと言われていますので、おススメです。
肉類や脂っこい食事を控えることと同時に、発酵食品や野菜を多く摂取して、腸内の善玉菌を優勢にするように心がけて下さいね。
ガンと毎日の食事内容には密接な関わりがあることを忘れないで下さいね。