乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

古来からある日本の発酵食品

日本には昔から発酵食品が多く作られてきました。
味噌やお醤油、漬物や納豆、塩辛や日本酒、お酢、みりん、甘酒、かつお節、焼酎、ぬか漬けなど、実に多くの発酵食品が日本の食文化には身近にあります。
発酵食品とは、酵母などの微生物の働きを利用して製造された食品です。

発酵食品には、身体の免疫力を向上させるなどの身体の健康を保つ上で欠かすことのできない働きがあります。
海外の食品では、ヨーグルトやチーズ、キムチ、ワイン、パンなどがあります。
微生物の種類がカビなのか、細菌なのか、酵母菌であるのかで、身体への作用は大きく異なります。

カビや細菌が、食品と一緒になると、食中毒や下痢などを起こしてしまい、とても食べられるものではありません。
しかし酵母菌で発酵させた食品は、素材の味をまろやかにしてくれ、美味しさを引き出すことができます。
日本では大昔からこの発酵による働きを知っていて、さまざまな食品を生み出してきました。

発酵食品のメリットは、その美味しさ以外にも健康面での効果も大きく期待できます。
それは発酵食品に多く含まれている乳酸菌は、先程も挙げたように免疫力を向上する働きや、腸内環境を整える作用から便秘解消などにも効果を発揮してくれます。
これは乳酸菌が腸内で増えることで腸内が弱酸性に保たれるので、アルカリ性である悪玉菌が増殖するのを防止できるからだと言われています。

現代の日本人には、食事の欧米化によって、悪玉菌を増加させる食べ物である肉類などのタンパク質や脂質を多く摂取する人が増加しています。
そのため、大腸ガンになる人の数も増加しています。
日本古来の乳酸菌を多く含む発酵食品は、発がん性物質を排除する働きがあることも分かっています。

発酵食品を摂ったからといって、乳酸菌が増殖していくわけではありません。
乳酸菌はあくまでも善玉菌が増えやすくなる環境作りをしてくれる役割を持ちます。
毎日できるだけ多くの発酵食品を摂取することで、徐々に腸内環境が改善されていきます。
ヨーグルトやチーズよりも昔ながらの日本のお味噌や漬物などの乳酸菌が日本人の体質には合っていて、さらにこれらの植物由来の乳酸菌は酸や熱にも強いという特徴もあるので、おススメです。