乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

乳酸菌のかんたんQ&A

Q:乳酸菌にはどんな種類があるの?
A:

代表的な乳酸菌(善玉菌)をまとめました!
下記の表を参考にしてみて下さい。

ビフィズス菌 ビフィズス菌は糖を乳酸・酢酸などに変換してくれる善玉菌です。
基本的には大腸の周辺に住んでいます。
花粉症やアレルギー症状の緩和への働きかけが期待されています。
有胞子性乳酸菌 耐熱性に優れているのが特徴的な乳酸菌。
胃酸や胆汁などにも強く、生きたまま腸に届きます。
保存性が高く、品質を維持しやすいというのも特徴。
乳酸菌革命に配合されているタイプです。
コッカス菌 EC-12にも配合されている種類です。
正式名称はエンテロコッカスフェカリス菌。
消化液に強く、善玉菌としての効果を発揮しやすいと言われています。
クレモリス菌 クレモリス菌は善玉菌のチカラにも含まれているタイプ。
カスピ海ヨーグルトに使用されていることでも知られています。
血糖値の改善にも働きかけてくれるのがポイント。
ラクティス乳酸菌 大豆から抽出されているという特徴があります。
植物性の乳酸菌です。
ラブレ菌 野菜のカブの漬物から発見された乳酸菌です。
様々な製品に配合されている比較的知名度の高い種類と言えるでしょう。

Q:サプリメントと一緒に食べると良いものはある?
A:

基本的には品質の良いサプリメントを摂取しているのであれば、十分な量の乳酸菌を摂取していることになります。
つまり、ヨーグルトなどの乳酸菌の多い食事を無理やり食べる必要はありません。

では、食事は何も気をつけなくても良いのでしょうか?
いいえ、決してそんなことはありません。

画像

腸内環境を整えるという本来の目的に立ち返れば意識したいことは沢山あります。
まず、第一にお酒やタバコをできるだけ控えること。
さらに言うのであれば、野菜などを意識して食べて食物繊維を摂る事。
野菜をたっぷりと盛り込んだメニューを意識すると良いでしょう。

また、便秘を解消したい場合であれば、普段から水分をたっぷり摂るよう意識しましょう。
便の状態を改善したい場合は、水分補給は非常に重要なポイントとなります。

Q:サプリメントはいつ摂れば良い?
A:

基本的には乳酸菌サプリメントを摂取するタイミングはいつでも大丈夫。
ただし、継続するということを忘れないようにしましょう。

また、サプリメントを飲むタイミングを強いて挙げるとすれば食中か食後。
乳酸菌は胃酸に弱いので、少しでも生存率を上げるために、胃に内容物があり、胃酸による影響が少ない食後に飲むのが良いと考えることができます。

とは言え、一番理想的なタイミングは個々人によって異なるでしょう。
自分が一番続けやすいタイミングで飲むのがベストです。
カイテキオリゴのようなアイテムならコーヒーなどの飲み物に混ぜて習慣的に摂取する事が可能でしょう。

Q:ちゃんとサプリを続けているのに、お腹にガスがたまってきた・・・
A:

サプリメントを飲み始めたばかりの頃はお腹にガスが溜まって張ることがあります。 実は、これは腸内環境が整い始めてきた「良い兆候」です。
腸の働きが活発になってきたというサインだと考えられます。
そのまま継続してサプリを摂り続ければ、徐々に落ち着いてくるケースが多いので、様子を見ながら継続してみてください。

Q:一度に沢山飲んだ方が良いよね?
A:

乳酸菌・ビフィズス菌のサプリメントは医薬品ではなく健康食品なので摂取量の制限は特にありません。
しかし、一度に沢山摂っても効果の実感が早くなるということはありません。
逆に身体のバランスを乱すことになりかねないので注意しましょう。

効果の実感への近道は一度に沢山摂取することではなく、摂取目安量を継続的に続けることです。 必ずしも一度に沢山摂った方が良いとは言えないでしょう。

Q:どれくらい続ければ効果が実感できる?
画像
A:

効果実感までの期間には個人差があるので、
一概に答えることはできません。

ただし、早ければ1か月から2か月程度で効果を実感することはできるでしょう。
長ければ半年以上飲み続けないと変化を感じない人もいらっしゃるようです。
いずれにしても、大切なのは毎日しっかりと続けること。
なかなか効果を感じない場合でも、投げ出さずに辛抱強く使い続けてみて下さい。

Q:薬と一緒に飲んでも大丈夫?
A:

基本的には医薬品との併用は問題ありません。
乳酸菌サプリは健康食品なので、ふつうの食べ物と同じ扱い方で良いでしょう。 もし、心配な場合は医師に相談してからサプリメントを摂取すると良いでしょう。