乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

乳酸菌の作用とは・・

人間の腸内には、身体に良い働きをする善玉菌と言われる有用菌と、悪い働きをする悪玉菌と言われる有害菌があります。
腸内には、この善玉菌と悪玉菌が一緒に存在しているのですが、悪玉菌が発ガン性の物質などを作り出さないように、乳酸菌を始めとする善玉菌が作用してくれます。
乳酸菌は、身体の健康を保つため、病気を予防・改善するためには欠かすことのできないものですが、毎日の生活の中でのストレスや偏った食生活、加齢などが原因となり乳酸菌の数がどんどん減っていきます。

ですから、善玉菌が減少し、悪玉菌が増加してしまわないように、毎日意識して乳酸菌を少しでも多く摂取することがとても大切なのです。
乳酸菌には種類がとても豊富ですが、基本的な作用をご紹介します。
まず病原菌が増殖するのを防いでくれる作用があります。

乳酸菌は、有機酸という物質を作り出し、病原菌が増殖するのを抑制してくれるので、病気に感染するのを予防できます。
病気にかかりにくい健康な身体になれるのですね。
また、腸内で腐敗が進行するのを抑制する作用もあります。

悪玉菌が増えるのを抑制するので、有害物質が原因となる肝臓障害や動脈硬化、高血圧を予防することにもつながります。
他にも乳酸菌の作用として良く知られているのが、排便をスムーズにしてくれる作用ですね。
腸の中で、有害物質が長時間留まることを防止できるので、有害物質による病気のリスクが下がります。

病原菌に対しての抵抗力を高める作用や、コレステロール値を正常に保ってくれる作用もあります。
このように身体にとって嬉しい作用がたくさんある乳酸菌は、毎日の食事やサプリメントで積極的に補うことが大切です。
乳酸菌の効果を最大限に得るためには、食後に摂取するのがおススメです。

胃酸に弱い乳酸菌は、胃酸の薄まる食後に摂取することで、腸までしっかりと届きやすくなるのです。
食後のデザートにヨーグルトを食べることは理想的ですね。
他にも漬物、お味噌やキムチなど、乳酸菌を多く含んでいる食べ物を積極的に摂ることで、善玉菌の数が増え、健康な身体作り・病気の予防・改善効果が期待できますよ。