乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

乳酸菌は身体のどこで作用するの!?

身体の健康を維持するためには、腸内環境を改善することが大切です。
善玉菌と悪玉菌という2種類の細菌が腸内には数多く存在していて、善玉菌が優勢であれば、腸内は健康に保つことができ、悪玉菌が優勢になると、腸内には有害物質が増加して不健康になります。
ヨーグルトや乳酸菌飲料などで良く耳にする乳酸菌ですが、これは善玉菌の一種で、この乳酸菌をたくさん摂取することで腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。

乳酸菌とは、もともと人間の体内に存在している細菌で、ヨーグルトや乳酸菌飲料以外にも漬物や納豆、お味噌、キムチなどにもたくさん含まれています。
これらの食品を食べることで乳酸菌も摂取出来るのですが、乳酸菌は腸内に届いてから初めて作用します。
腸内にしっかりと届いて初めて善玉菌となり、腸内環境を改善する作用を発揮します。

しかしながら、乳酸菌に限らず、細菌は酸や熱などに弱いという特徴があります。
せっかく乳酸菌を豊富に含む食品を食べても胃酸によって死んでしまうものがほとんどなんです。
胃酸で死んでしまった乳酸菌は、もちろん腸内にまで届かないので、腸内環境を改善するために作用しません。

乳酸菌はたくさん摂取することも大事ですが、効果的に摂取することが大切なのです。
例えば胃酸の量が減少する食後に乳酸菌を多く含む食品を摂ったり、胃酸に強い乳酸菌を意識して食べることなどが必要になります。
胃酸に強いとされる食品は、植物性の乳酸菌で、納豆やお味噌、漬物などの昔から日本で食べられてきた発酵食品です。

小腸までしっかりと届けられた乳酸菌は、食べ物の消化吸収がスムーズに行えるよう作用します。
小腸に乳酸菌などの善玉菌が不足してしまうと、消化吸収がスムーズに行えなくなり、老廃物や毒素などが溜まってしまいます。
便秘や下痢といった症状が現れてきたり、病気につながる危険性もあります。
腸までしっかり届く胃酸に強い乳酸菌食品も発売されているので、是非そのような食品をとりいれて下さいね。