乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

乳酸菌には種類があるの?!

健康な身体作りに欠かすことのできない乳酸菌は、とても種類が豊富です。
体内の色々な場所に存在している乳酸菌は、その働きもそれぞれ異なっています。
まず乳酸菌の代表選手とも言えるビフィズス菌は、大腸の中で乳酸や酢酸を産生します。

悪玉菌が増殖するのを抑制したり、有害物質が生成されるのを防止する働きがあります。
他にも老廃物の排泄を促す働きや、下痢・便秘を予防する働きもあります。
免疫力のアップや抗ガン作用があることも分かっています。

乳酸菌飲料でお馴染みのヤクルト菌は、腸内菌の研究に取り組んでいた代田博士によって開発されたものです。
フィカリス菌は、小腸から大腸までの腸全体で働きます。
善玉菌のエサになる細菌で、白血球を強化する作用があるため、免疫力を向上します。

乳酸菌には他にも虫歯予防の作用があるロイテリ菌や、漬物や、キムチ、味噌などに含まている植物性乳酸菌などがあります。
植物性乳酸菌は、酸やアルカリに強いという特徴があります。
動物性乳酸菌よりも過酷な環境下でも生息出来る強い菌なのです。

昔から根菜類などの繊維質多い食べ物を好んで食べてきた日本人は、欧米人よりも長い腸をしています。
漬物や味噌などの植物性乳酸菌を多く摂取してきた日本人は、自らの身体に合った乳酸菌を上手に食べてきたと言えます。
このように一口に乳酸菌と言っても種類が非常に多く、その働きもさまざまです。

健康を保つためだけでなく、病気を改善する効果も期待出来る乳酸菌は、たくさん摂取すればするほどその効果が期待できます。
また1つの種類の乳酸菌を大量に摂取するのではなくて、種類の異なる乳酸菌を同時に摂取することで、健康効果が得られやすくなります。
また、乳酸菌と人との相性もあります。
乳酸菌をサプリメントで摂取する場合には、他種類の乳酸菌が配合されたものがおススメです。
それぞれの乳酸菌の相乗効果も出やすくなり、自分の体質に合った菌に出会いやすくなります。