乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

乳酸菌の効果的な摂り方

腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスによって、その環境は大きく変化してきます。
悪玉菌が優勢になった腸内は、アルカリ性に傾いて、有害物質を発生させて、免疫力が低下したりします。
下痢や便秘になったり、さまざまな病気にもつながります。

善玉菌が優勢になった腸内は、酸性に傾き、悪玉菌を抑制することができます。
免疫力もアップするので、病気にもかかりにくくなり、快便になるので、老廃物が腸に溜まってしまうこともなく、いつもスッキリと健康に過ごすことができます。
善玉菌を腸内で優勢にするには、乳酸菌を多く含む食品を摂ることが大切です。

加齢やストレス、お肉や脂質を多く摂ることで悪玉菌はすぐに増加してしまうので、積極的に食べ物から乳酸菌を摂ることが必要になります。
同じ乳酸菌を含む食品を食べるにしても、効果的な摂り方というものがあります。
まず乳酸菌は、一度摂取すると、腸内に住みついて、善玉菌に変わってくれると思いがちですが、実際には、乳酸菌が腸内にいる時間は数日から数ヶ月程度です。

乳酸菌が腸を通過してくれることで、善玉菌が腸内に住みやすい環境になるのです。
ですから、できるだけ頻繁に乳酸菌を摂取して、善玉菌によって良い環境作りをすることが大切になるのです。
乳酸菌は、さまざまな食品に含まれていて、種類もさまざまですが、特にヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料などの動物性乳酸菌は、胃酸や熱に弱いという特徴があります。

チーズであれば、加熱されていないナチュラルチーズを食べることで乳酸菌が効果的に摂れます。
また、胃酸が薄まる食後に乳酸菌を含む食品を食べることが最も効果的です。
食後にヨーグルトをデザートとして食べるのは理想的な食べ方ですね。

そして乳酸菌を含む食品は、購入後、できるだけ早く食べることも大切です。
時間が経てば絶つほど、乳酸菌の量が減少していくからです。
乳酸菌を効果的に摂取して、腸内環境を改善すれば、健康な毎日が送れますよ。