乳酸菌効果効能副作用.com

~お腹すっきりを目指す人へ!~

画像
乳酸菌のQ&A
気になる疑問に答えます!
知りたいことが分かるかも?
画像
腸内環境をチェック
腸内環境を自分チェックしましょう。
実は身体からサインが出ているかも?
画像
乳酸菌を選ぶなら・・・
サプリメントの選び方を解説。
要点をまとめました!
画像

生まれたての赤ちゃんと乳酸菌の関係

私達人間の腸内には、悪玉菌と善玉菌が存在していて、その両方のバランスによって、
腸内環境が良くなったり悪くなったりします。
悪玉菌は年齢を重ねることやストレス、食事内容などによって、どんどん増加していきます。

悪玉菌が腸内で増加してしまうと、腐敗物が溜まってしまい毒素などを発生させてしまいます。
免疫力が低下して、さまざまな病気を招く原因となります。
腸内環境と健康には深い関わりがあるのです。

先程も説明したように、善玉菌は年齢とともに減少していくのですが、生まれたての赤ちゃんの腸内はどうなのでしょうか。
なんと生まれたての赤ちゃんの腸内には、善玉菌の乳酸菌が95%以上も占めているのです。
そのほとんどがビフィズス菌なのだそうですが、確かに赤ちゃんのウンチはヨーグルトのようなニオイがしますね。

それまでお母さんのお腹の中で無菌状態で守られていた赤ちゃんも、出産と同時に外部からの
さまざまな細菌にさらされることになります。
まだか弱くて小さい赤ちゃんですが、この腸内の乳酸菌がバッチリと守ってくれているのです。

赤ちゃんの腸内に存在する圧倒的な量の善玉菌によって、抵抗力を補ってくれているのです。
腸内環境がバッチリの赤ちゃんでももちろんそのまま成長するわけではありません。
母乳から離乳食になり、普通の食事をするようになるとともに、ウンチが大人と同じようなニオイになります。

このニオイが示すように、腸内の悪玉菌も増加しているのです。
悪玉菌が腸内で増加すると便秘や下痢になります。
便秘や下痢の方は悪玉菌が腸内で増えすぎているので、乳酸菌を多く含んでいる食品で補うことが必要です。

乳酸菌をたくさん摂取することで、高血圧や動脈硬化などのさまざまな病気を予防することもできます。
生まれたての赤ちゃんのような腸内になることはできませんが、少しでも善玉菌を増やすことが健康へのカギになります。
身近にある漬物や納豆、お味噌やお酢なども優れた乳酸菌食品なのでおススメですよ。